「エイジ」(1990)

0点--

あらすじ

赤木英児はロックバンドをやっているはみ出し高校生。今日もライヴで乱闘を起こしてしまい、停学処分を食らった英児は、そこで高校アマチュアボクシングチャンピオン草薙直矢と出会い、対立する。さらにその帰り道、奇妙な老人と出会うが、その老人こそ今は亡き英児の父であり、かつての世界チャンピオン赤木圭児郎の名トレーナー乃木だった。乃木は英児のはみだした態度に嘆くが、ある日、ガールフレンドの高杉まりなのことで、草薙とボクシングをやるはめになってしまった英児の姿を見て、並でない才能を発見するのだった。さっそく翌朝から英児をトレーニングさせようとする乃木だったが、英児は今ひとつノリ気でない。そんなある日英児の兄、攻児郎のタイトルマッチの日がやってきた。普段は兄の試合などには顔すら出さない英児だったが、いつしか足は試合会場へと向かっていた。そして、チャンピオンを相手に全力で挑む攻児郎の姿を見た英児は、自分の中に眠っていた闘志にかられる。結局攻児郎は敗れてしまうが、彼自身実は左目を痛めていてこれを最後にと悔いなく戦い抜いたのだった。そして、それを見た英児は初めて自らの可能性に賭けてみようと思い、本格的にボクサーへの道に進むのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1990年
製作国 日本
上映時間 45
チケット 前売りチケットを購入する

監督

キャスト