「世界最後の日々」(2012)

画像

0点--
過激な性描写や社会風刺を盛り込んだ作品で熱狂的なファンをもつ漫画家・山本直樹の短編を、『ガチャポン』『地球でたったふたり』の内田英治監督が映画化。世界終焉の恐怖にとり憑かれ、暴力と欲望に溺れていく男の姿を描く。『冷たい熱帯魚』『ヒミズ』の個性派俳優・裴ジョンミョンが主演を務め、相手役を新人女優の今泉ちえこが演じている。

あらすじ

とある田舎町の高校生・嘉納(ジョンミョン)は授業中に、机の上に中年の小さな“カミサマ”が現れる妄想を見る。カミサマは、恐怖の大王が地上に降りてきて世界を滅亡させると言い、消えていく。嘉納は、どうせ世界が終るならやりたいことをやろうと決意する。嘉納は、好きな女の子・ユミ(今泉ちえこ)に会いに行く途中、しゃべる黒い犬と出会う。犬は嘉納に様々なアドバイスをしてくれる。嘉納はユミの彼氏を撲殺し、盗んだ車でユミを誘拐して旅に出る。県警は嘉納を指名手配犯として追い始めるが、嘉納はユミを抱いたり、途中立ち寄った民家の娘・玲子とセックスをしたりして、なんとなく過ごしていた。ある日起きるとユミが死んでいたが、嘉納は現実と思えず、何の感情も抱かなかった。さらに旅を続ける嘉納は、コスプレオヤジ・亀山と出会い、“パーティー”というお祭りに連れて行かれる。パーティーでは、自称能力者・浦島先生や、先生が後押しする演歌歌手などのライブが行われており、集まった異様な人々は熱狂していた。彼らとともにパーティーを楽しむ嘉納だったが、突然、見知らぬ男に手のひらを撃たれる。男は、嘉納が世界を滅亡させる恐怖の大王だと思っていた。撃たれた嘉納は、痛みを感じなかった。県警の追手がパーティーに迫り、嘉納は崖を駆け上がって逃げるが、その途中でまた黒い犬と出会う。嘉納は、なんの痛みも感じないこの物語は自分の妄想だと確信していた。犬は、それならこの先の崖から飛び降りればいいと言う。県警の追手・園田警部補は、嘉納を断崖絶壁に追い込む。しかし園田は、この世を見捨てるかのように自ら命を絶つ。死にきれない園田を撃った嘉納は、青空の中に何かを見つけ、空に向かって大きくジャンプする。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2012年
製作国 日本
ヘッド館 アップリンク X
上映時間 96
公開日 2012年2月18日(土)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する