「friends after 3.11 【劇場版】」(2012)

画像

53点53
宮城県仙台市出身である岩井俊二監督が、震災の衝撃を受け制作したドキュメント。震災後に出会い話した友人たちとの会話を通して、日本の現在やこれからを描き出す。脱原発宣言を掲げて話題となった城南信用金庫の理事長・吉原毅や『原発のウソ』の著者・小出裕章などのインタビューから明かされる事実は観る者の心に突き刺さるものばかりだ。

あらすじ

2011年3月11日。日本中に忘れ難い傷痕を残した東日本大震災が発生。多くの命や大切なものが失われ、福島第一原発はチェルノブイリ以来の原子力発電所の大事故を引き起こした。そしてこの震災は、津波の被害だけでなく、原発問題や政治、文化といった日本のあらゆる点について、改めて考え直すきっかけとなった。脱原発宣言を掲げて話題となった城南信用金庫の理事長・吉原毅、京都大学原子炉実験所助教授であり『原発のウソ』の著者・小出裕章、環境エネルギー政策研究所所長の飯田哲也、脱原発を宣言して被災地での講演などに奔走する山本太郎、元東芝・原子炉格納容器設計者の後藤政志など、様々な立場の“友人たち”が語るその思いや明かされる事実は、震災後1年たった今、忘れてはいけない真実とともに私たちの胸に突き刺さる。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2012年
製作国 日本
配給 ロックウェルアイズ
ヘッド館 オーディトリウム渋谷
上映時間 135
公開日 2012年3月10日(土)公開
カテゴリ ドキュメント
チケット 前売りチケットを購入する