「ソウル・オブ・ロック」(2012)

画像

67点67
「フィール・ヤング」で連載されたノセクニコ原作の同名コミックが実写化。映画初主演となる「SEVENTEEN」専属モデル有未麻祐子と、『仮面ライダーオーズ』の君嶋麻耶、D-BOYSの牧田哲也が、売れないロックバンド・バーミヤンズのメンバーに扮する。居酒屋とスタジオを舞台に、脱力感溢れる独特なコメディタッチで、ロックへの愛と夢が語られる。

あらすじ

売れないロックバンド“バーミヤンズ”のメンバー3人は、お互い全く異なる性格にもかかわらず、ロックへの熱い想いだけは一緒。ボーカルのレイカ(有末真祐子)は仕切り屋でいつも場の中心。行き過ぎの強引さで、明るくバンドを引っ張っていく。作曲とドラムスを担当するザキ(君嶋麻耶)はマイペースの変わり者。ボーっとしながらも妙に冷静だったりする傍観者。作詞とギターを担当する情熱家のタク(牧田哲也)は、熱い想いがいつも空回りしている思い込みの激しいヘナチョコ野郎。そんな3人が居酒屋でくだを巻き、スタジオでケンカし、ライバルを罵倒しながら、ロックへの愛と未来の夢を確かめ合う。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2012年
製作国 日本
配給 BANANAFISH
ヘッド館 オーディトリウム渋谷
上映時間 70
公開日 2012年2月11日(土)公開
カテゴリ 青春ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する