「惑星のかけら」(2011)

画像

【DVD発売中】

75点75
女性監督たちが注目の女優を起用し、女性ならではの視線で“女性たちの恋とセックス“をテーマに描く“ポルノチック“の1作。深夜の渋谷の街を舞台に、帰らぬ父を待つ少女と、どんなことがあっても別れた恋人を見つめ続ける青年の刹那的な恋の物語を叙情的なタッチで描く。『ともしび』でデビューを果たした吉田良子が脚本と監督を務めている。

あらすじ

終電の終わった深夜、少女・和希(柳英里紗)は母親の再婚を嫌い、もともと家のあった渋谷の空き地で、帰らぬ父を待っていた。和希は、ナルコレプシーの青年・三津谷(渋川清彦)と出会う。三津谷はどんなに傷つけられても、元恋人・由以子(河井青葉)を見つめ続けていた。帰る場所のない2人は、深夜の渋谷を彷徨する。そのうち三津谷に恋していることに気づいた和希は、こんな風に誰かに見つめられたら世界は変わるのではないかと思うようになる。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2011年
製作国 日本
配給 スローラーナー
ヘッド館 銀座シネパトス
上映時間 73
公開日 2011年11月26日(土)公開
映倫 R15+
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する