「目を閉じてギラギラ」(2011)

画像

【DVD発売中】

27点27
『ゼブラーマン』の哀川翔の通算135本目となる主演作。暴力を憎み、愛のあるお説教を武器に裏社会で生きてきた元ヤクザの金貸しの活躍を描く。哀川がまさにハマり役といえる人情味あふれるアニキ肌の元ヤクザ者を好演。『乱暴と待機』の冨永昌敬が監督を務める。若手実力派として脚光を浴びる綾野剛をはじめ、個性派揃いのキャスティングにも注目。

あらすじ

“ガンジー希崎”こと希崎望(哀川翔)は暴力を嫌い、“お説教”を武器に裏社会を生き抜いてきた。今はヤクザ稼業に見切りをつけ、借金返済に骨身を削る人たちを応援するため、“ホープ商会”という貸金を営みながら、子供たちに野球を教える日々を送っている。ある日、取り立てに回っていた希崎は、債務者の1人の青年が、かつて甲子園を沸かせた天才投手・八木沢剛太(綾野剛)であることを知る。エースで四番として甲子園初出場初優勝の偉業を成し遂げ、プロ野球各球団の争奪戦となるも、栄養費問題で野球を断念した彼は、定職に就かずギャンブルに明け暮れ、借金まみれになっていた。剛太は希崎のお説教に心を打たれ、彼のもとで人生を立て直そうと決心する。しかし彼らの背後には、ヤクザ組織・黒田組の影が迫っていた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2011年
製作国 日本
配給 日活
ヘッド館 ヒューマントラストシネマ渋谷
上映時間 127
公開日 2011年10月22日(土)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する