「KOTOKO」(2011)

画像

【DVD発売中】

68点68
海外でも定評のある塚本晋也監督が、シンガーソングライターのCoccoを主演に描くヒューマン・ドラマ。映画初主演となる彼女は、もがき苦しみながらも、愛する息子を守るために懸命に生きるシングルマザーを体当たりの演技で挑み、女優としての才覚も発揮した。第68回ベネチア国際映画祭オリゾンティ部門で最高賞を受賞した話題作だ。

あらすじ

琴子(Cocco)は世界がふたつに見える。ひとつに見えるのは歌っているときだけだ。琴子には幼い息子・大二郎がいる。日常は予測できない恐怖に満ちている。息子を守ろうとするあまり強迫観念は肥大化し、琴子は現実と虚構の狭間を彷徨いはじめる。そして世間から幼児虐待の嫌疑をかけられ、愛する息子と引き離されてしまう。そんなある日、田中(塚本晋也)と名乗る男が突然、琴子に声をかけてくる。彼女の歌と、歌う姿に魅了されたという田中と一緒に暮らしはじめ、世界はひとつになると思えたが……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2011年
製作国 日本
配給 マコトヤ
ヘッド館 テアトル新宿
上映時間 91
公開日 2012年4月7日(土)公開
映倫 PG12
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する

監督

キャスト