「よさこい三度笠」(1960)

0点--

あらすじ

遠州舞坂の網本羽生の藤兵衛はかねて川股の金蔵と二分していた十良島の漁場を一人占めしようとして、川股一家に殴り込みをかける日を待っていた。野尻の貸元水車一家に頼んだ助人のなかには草鞋を脱いだばかりの浮巣の半次郎もいた。殴り込みの前夜、水車の助人衆に、川股一家から羽生へ寝返った初島の政五郎、更にこの日藤兵衛に買われて足入れしたばかりの酌婦のお林らを加えて羽生の家は大騒ぎだった。その夜、半次郎はお林が同郷の出であることを知ってなつかしがった。夜半、喧嘩装束の川股一家が不意討ちをかけて来た。初島の政五郎の寝返りは見せかけであった。藤兵衛は鉄砲で向ったが先方も火縄銃を用意、藤兵衛は現われた半次郎に辛うじて救われた。羽生一家は勝った。しかし藤兵衛の非道なやり口に怒った半次郎はお林を伴って藤兵衛の家を出た。半次郎は辻堂で羽生の身内に傷つけられた弥太八とおかめを預けておいた掛茶屋へお林と立ち寄った。お林もおかめも半次郎に浅からぬ思いを寄せていた。半次郎を追って鴨居の鉄火場に来たお林は政五郎に出会ったが、傷ついたお林を救ったのは由松とその恋人でそば屋の娘おとめだった。半次郎はバクチに熱中していた。半田の五郎蔵の身内が二人、半次郎に助人を頼みに来たが、お林の身体が心配だった。しかしバクチですった半次郎に与えた金がお林の手切金だと知った時、金ほしさに半次郎は助人にとび出した。その留守、お林は藤兵衛の身内につれ去られた。助人から帰った半次郎は追ったが、それより一足早く羽生についた由松が、藤兵衛の前にお林をかばって刀を抜いていた。由松は捕えたが、半次郎を迎えるに藤兵衛は鉄砲に銛を用意した。天狗祭ににぎわう筈の街もひっそりとしたなかを、半次郎は急いだ。漁場の仕置きにならって藤兵衛はお林を木にしばりつけた。よさこい節の流れる中を、半次郎と由松は藤兵衛と戦った。やがて戦い終って−−立去る半次郎を追うようにお林は漁場をあとにした。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1960年
製作国 日本
配給 大映
上映時間 89
カテゴリ 仁侠/時代劇
チケット 前売りチケットを購入する