「鉄コン筋クリート」(2006)

画像

【DVD発売中】

72点72
松本大洋の傑作マンガを、『アニマトリック』をプロデュースした世界的VFXの第一人者マイケル・アリアスが映画化。『マインドゲーム』などを手掛けた気鋭のクリエイティブ集団STUDIO4℃の制作のもと、原作のテイストそのままに3D×2Dアニメーションとして圧倒的な世界観を生み出した。主人公に扮する二宮和也と蒼井優による“声の演技“にも注目。

あらすじ

取り残された様に周囲から孤絶した街“宝町”。二人組のストリートギャング、クロ(二宮和也)とシロ(蒼井優)は、盗みやカツアゲを生業にこの街で自由を謳歌していた。クロとシロ、昔気質のヤクザ、そして地元警察がそれぞれに衝突を繰り返しつつこの街に安定をもたらしていたが、新興の開発業者“蛇”がレジャー施設の開発計画に着工した事でこの均衡は崩れ始める。“蛇”は開発の邪魔になるクロとシロを排除する為に、三人組の殺し屋を送り込む。クロはその内の一人を返り討ちにするが、シロは瀕死の重症を負わされてしまった。弟分のシロを守れなかった事で自分を責めるクロは、一命を取り留めたシロを安全の為に警察に引き渡す。クロに捨てられたと思い込み次第に正気を失って行くシロは、いつかこの街を出てクロと一緒に海辺に移住する未来を夢見始める。クロは殺し屋の追跡をかわしつつ開発計画に攻撃をしかけるが、いよいよ殺し屋に追いつめられてしまう。クロが殺されようとするその刹那、悪鬼“イタチ”が現れて殺し屋を抹殺した。クロは、仲間になれと言うイタチに取り込まれそうになる。イタチは幼くして世界に絶望していたクロの心が生み出した分身だった。クロが戻ってくるのを待ちわびるシロ。二人は再び一緒になれるのだろうか……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2006年
製作国 日本
配給 アスミック・エース=「鉄コン筋クリート」製作委員会
ヘッド館 渋谷東急他
上映時間 111
公開日 2006年12月23日(土)公開
カテゴリ 青春ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する