「アサシン」(2011)

画像

0点--
『黒い太陽』シリーズなどで知られるベストセラー作家、新堂冬樹の同名小説を映画化したノワール・アクション作。『ゴスロリ処刑人』の小原剛監督が、孤独な暗殺者と女子高生の逃避行をスリリングに描き出す。震災前の仙台でオールロケを敢行。バイオレンスシーンをはじめとするスタイリッシュかつスピーディなアクション演出が大きな見どころ。

あらすじ

花城涼(馬場良馬)は、幼い頃から過酷な訓練で鍛え上げられてきたプロの暗殺者=アサシン。ただ1人の親友、岬俊一(久保田悠来)とともに、組織の命令に従い、冷徹に任務を遂行してきた。だが、そんな涼の人生は、暗殺現場に居合わせた女子高生、春日リオ(岩田さゆり)を救った瞬間から大きく変わり始める。岬の強い反対を押し切り、リオをかくまおうとする涼。彼女と一緒にいることで、涼は徐々に人間らしさに目覚めてゆく。しかし、リオを守ることは組織への裏切りを意味していた。腕利きの暗殺者から一転、追われる身となった涼を待っていたのは、組織から放たれた刺客たちとの想像を絶する死闘だった……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2011年
製作国 日本
配給 ゴー・シネマ
ヘッド館 シネマート六本木
上映時間 100
公開日 2011年10月8日(土)公開
映倫 PG12
カテゴリ アクション
チケット 前売りチケットを購入する