「ハードライフ 〜紫の青春・恋と喧嘩と特攻服〜」(2011)

画像

【DVD発売中】

50点50
90年代、関東制覇に燃えるレディース紫優嬢の総長となり、数々のメディアで伝説的人気を得ていたカリスマ少女・すえこの自伝を映画化した話題作。すえこに扮するのは『受験のシンデレラ』でモナコ国際映画祭最優秀主演女優賞受賞の寺島咲。清純派の彼女らしからぬ“総長“役を凄味と共に見事に演じ切っている。監督は『Wスティール』の関顕嗣。

あらすじ

埼玉県東松山。4人姉妹の末っ子、高橋すえこ(寺島咲)は、自称大工で呑んだくれの父親・邦夫(パンチ佐藤)と水商売で家計を支える母親・美津子(秋本奈緒美)の元で家族の絆がないままに育った。中学1年、メグミ先輩(秋山莉奈)と出会い、髪を染め、万引きを教わり、タバコも覚え、そして後に恋人になる達也(片岡信和)とその仲間も紹介され、すえこは心が満たされていく。盗難バイクをいつも買ってくれた村上モータースに入り浸るが、村上(津田寛治)は盗難バイク密売で逮捕、すえこも補導されてしまう。そんな中、達也とメグミの浮気の現場に出くわし、メグミと初めてのタイマン勝負。家でも邦夫が美津子に暴力を振るい、独りぼっちで消えそうなすえこの心は荒んでいく。ある日、すえこはスケ番の由美(鎌田奈津美)と里佳(Rio)に脅かされるが、レディース“紫優嬢”の総長・美穂(山崎みどり)と副総長・みゆき(丸尾みゆき)に助けられ、集会に誘われる。紫優嬢のメンバー全員からの一発に耐えレディース紫優嬢に入ることを許されたすえこの人生は一変。特攻服を身にまとい、喧嘩に明け暮れ、次第に頭角を現し、美穂から紫優嬢4代目総長を任されたすえこは関東制覇を目指すのだった。若干15才のレディース総長すえこは、マスコミに取りあげられ一気に話題となり、伝説化していく。だがそれは、仲間からの妬みの始まりだった。そんな折、すえこは他チームとの抗争の中、傷害容疑で逮捕。やがて中等女子少年院送りとなり、奇妙な囚人たちと1年間共同生活を送る。あとから少年院にやってきた美奈(久保田利香)から、すえこが紫優嬢を破門になったことを知らされ激高、やがて退院し、破門が嫉妬によるものと知りけじめをつけにいく。そしてまた独りぼっちになったすえこは、さらに転落していき2度目の逮捕。警察での接見ですえこは、美津子から衝撃の事実を知らされる……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2011年
製作国 日本
配給 マジカル
ヘッド館 銀座シネパトス
上映時間 82
公開日 2011年5月21日(土)公開
カテゴリ 青春ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する