「LOVEHOTELS/ラヴホテルズ」(2006)

【DVD発売中】

72点72
ラブホテルを舞台に、4人の女の子の揺れ動く恋愛感情をリアルに描いたラブ・ストーリー。日本特有のカルチャーであるラブホテル。そこで日々繰り広げられるさまざまな愛の形。真実の愛を求めて彷徨う4人の姿が美しくも切なく綴られる。

あらすじ

スズコ(原田佳奈)はクリスマスに、先約の男コースケと駆け込みの男ソウに誘われ、思わず二つともOKしてしまう。去年のクリスマス、スズコはラブホテルにピザ配達のバイトをし、恋人のいない寂しいクリスマスを過ごしていた。だから、今年こそは素敵な人と一緒にいたかったのだ。二つの部屋を行き来するスズコ。そこへ、ピザ配達の女の子が現れ、スズコは彼女に去年の自分を重ねてしまう……。サクラ(片山けい)とトオルは学生時代からの同級生だ。トオルと美咲はすでに結婚し、五歳になる息子がいる。しかし、サクラとトオルは不倫関係にあった。サクラにとってトオルは、やっと手に入れた男である。しかし、二人の関係が美咲にばれてしまい、サクラはある決断をする……。友人同士のサチ(三浦敦子)とタクは、体の関係をずるずると続けていた。突然にサチの前から消えては、また現れる自分勝手なタク。しかし、サチはタクとの関係をなぜかずっと捨てきれない。そんなある日、タクの告白により、ふたりの関係は変化していく……。ラブホテル経営者の娘・愛(サエコ)は、家の仕事の影響で「セックス」と「男と女」が苦手だった。そんな愛が父親の死をきっかけに、ラブホテルで働くことになる。セックスだらけの現実を目の当たりにしてうんざりの愛だったが、そこに訪れるカップルを見るうち、恋に目覚めていく。そして、ホテルで働く青年、春樹のことが気になり始める。ラブホテルを舞台に、それぞれ事情を抱えた女性たちの4つの物語が展開される。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2006年
製作国 日本
配給 アートポート=ネイキッド=セガ
ヘッド館 テアトル池袋にてレイトショー公開
上映時間 104
公開日 2006年6月3日(土)公開
映倫 R15+
カテゴリ 青春ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する