「TWO LOVE/二つの愛の物語・キャッチボール」(2005)

画像

87点87
デビュー30周年を迎えた浜田省吾の楽曲を基に2本の映画が製作された。彼のビデオクリップなどを担当してきたスタッフが、曲とドラマの融合という新しいステージを見せてくれる。なお、公開2週目、4週目は『…君と歩いた道』を上映。

あらすじ

6月のある日曜日、母親に見送られ、野球のユニフォームに身を包んだ康汰と綾佑は、単身赴任の父に会いに行くため駅へと向かう。胸を高鳴らせながら二人は電車に飛び乗り、父の住む新潟へ初めての二人旅に出る。その頃、息子たちが自分に会いに来ることなど想像もしていない父・隆夫(時任三郎)は、仕事上のトラブルで取引先である材木店へ向かっていた。納品物を積んだトラックが事故を起こしてしまったのだ。八方に手を尽くす隆夫だが、刻々と時間だけが過ぎていく。一方、初めての経験に戸惑う康汰と綾佑は、失敗を繰り返しながらもなんとか父の家に辿り着く。しかし、いるはずの父は家にはいない。すでに日は傾く頃だ。不安な気持ちで父を捜しに出かける彼らの目に写ったのは、野球場だった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2005年
製作国 日本
配給 ウィルコ=Road & Sky
上映時間 43
公開日 2006年6月10日(土)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する