「あぜ道のダンディ」(2011)

画像

【DVD発売中】

67点67
商業映画デビュー作の『川の底からこんにちは』がスマッシュヒットとなり、気鋭の若手監督として一躍注目を浴びた石井裕也監督の最新作。映画出演本数が140本にものぼる名バイプレイヤー・光石研を主演に迎え、平成日本の新しきダンディズムと不器用な父子の絆を描いた青春白書ならぬ“中年白書“。現代日本のオヤジたちにエールを贈る1本。

あらすじ

北関東の地方都市。50歳になった配送業の宮田淳一(光石研)には、大学浪人中の俊也(森岡龍)と高校3年生の桃子(吉永淳)という子どもがいる。妻は39歳で他界、子どもたちは父親とはほとんど口をきかず、いつも会話はかみ合わない。職場では同僚(藤原竜也)に話しかけられても、めったに返事をしないほど無愛想な宮田は、仕事を終えると毎日のように友人の真田(田口トモロヲ)と居酒屋で酒を酌み交わす。飲みながら思い出される妻との思い出、子どもたちと笑いあった時間……。ある日、宮田は胃に不調を覚え、亡き妻と同じく、自分も胃ガンなのだと思い悩むが、子どもたちに弱みを見せずに生きてきた宮田は真田にしか相談できなかった。そんな中、俊也と桃子が東京の私立大学に合格。4月には家を出て、東京で新生活を始めることになった。せめて子どもたちと思い出を残したいと、宮田は学校帰りの桃子を真田と共に待ち伏せる。だが、女子高の校門前でキョロキョロする中年男たちは、見た目はほぼ変質者であった。桃子たちを尾行するものの「一緒にプリクラを撮ろう」とは言い出せない宮田。今度は俊也とゲームで対戦しようと携帯ゲームを購入する。だが適当に買ってしまったゲーム機は俊也の持っているものには対応していなかった。見かねた真田は俊也を遊園地に誘い、二人きりで話をする。「君のお父さんはダンディだよ。見た目はかっこよくないけど、心は渋いんだ。君も男ならわかってやってほしい」もっともそうに話すが子どもがいない真田はちょっとした“親子ごっこ”を楽しんでいるのだった。真田に言われるまでもなく、子どもたちも父親の気持ちは分かっていた。それでも、うまくコミュニケーションをとれないのは子どもだって同じなのだ。そんなまま、俊也と桃子が東京へ旅立つ日が近づいてくる。宮田は子どもたちと最後の思い出を作ることができるのだろうか……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2011年
製作国 日本
配給 ビターズ・エンド
ヘッド館 テアトル新宿
上映時間 110
公開日 2011年6月18日(土)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する