「DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?」(2011)

画像

44点44
今や、彼女達の姿を見ない日はないといっても過言でないほどの人気グループとなったAKB48。ライブ、レコーディング、総選挙、取材など、'10年のAKB48の活動全てに密着。1000本を越えるという膨大な収録テープを元に、彼女たちの知らせざる素顔に迫る。『天使の恋』の寒竹ゆりがメガホンを執り、岩井俊二が製作総指揮を務める。

あらすじ

5年前、観客わずか7人の状態からスタートした秋葉原の弱小アイドルグループが、シングル100万枚を超すまでにブレイクした激動の2010年。一つのグループにあっても、それぞれの置かれた立場によって少女たちの表情は様々。突然の人気に戸惑いつつも、自分を見失うまいと誓う初期メンバー。努力が結果になって表れる手応えに自信をつける次世代メンバー。そして、憧れのAKB48に加入できたと思った直後、過酷な生存競争に呆然とする新入生たち……。選抜メンバーに選ばれて踊り出したいほど嬉しくても、肩を落とす仲間を気遣うことで育まれてきた“絆”。雑誌の隅に自分の顔が載ったと言っては喜び、立ち位置が30センチ下がったと言っては悔し涙を流す。いつ披露できるかわからない振付を黙々と練習する孤独なメンバー。彼女にチャンスの女神は訪れるのか?横浜アリーナ、代々木第一体育館でのコンサートを始め、シングル選抜総選挙、シングル選抜じゃんけん大会、そして海外公演まで、カメラはこの一年間の全活動に完全密着。さらにメンバーの個人密着撮影も敢行。1人の少女としての喜び、葛藤、成長、夢を、日常風景を通じて描き出す。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2011年
製作国 日本
配給 東宝映像事業部
ヘッド館 TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
上映時間 120
公開日 2011年1月22日(土)公開
カテゴリ ドキュメント
チケット 前売りチケットを購入する

監督

キャスト