「仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカル MOVIE大戦CORE(コア)」(2010)

画像

73点73
平成仮面ライダー10周年プロジェクトの『仮面ライダーW(ダブル)』と『仮面ライダーオーズ/OOO』がタッグを組み、シリーズでは異色の3話オムニバス展開で放たれる劇場版最新作。ライダー史上初めて地球の中心である核へ入り込み、過去の仮面ライダーたちの記憶を利用して誕生した初のフルCGによる敵仮面ライダー、仮面ライダーコアと対決。圧倒的な進化を遂げたライダーワールドに注目だ。

あらすじ

「仮面ライダーダブル feat.スカル」竜(木ノ本嶺浩)との結婚式を控え、マリッジブルーになっていた亜樹子(山本ひかる)は、翔太郎(桐山漣)とフィリップ(菅田将暉)の戦いに巻き込まれ、プテラノドンヤミーが持つメモリーメモリの力で、11年前の風都へ飛ばされてしまう。それは、ちょうど風都で初めてのドーパント事件が起きたころで、亜樹子は、父・鳴海荘吉(吉川晃司)が、仮面ライダースカルになった謎を知る。「仮面ライダーオーズ ノブナガの野望」鎧に身を包んだ織田信長のミイラが発見され、鴻上(宇梶剛士)がホムンクルス=人造人間として蘇生する。映司(渡部秀)は人造人間ノブナガの面倒をみることになるが、ノブナガは果てない欲望と復讐心に満たされていた。映司の心配も空しく、ノブナガは2つの心を解放してしまう。「MOVIE大戦CORE」過去の仮面ライダーたちの記憶を利用した、恐ろしく巨大なエネルギー体の仮面ライダーコアが登場。そのおぞましい力を止めるために、オーズとWはタッグを組み、地球の中心・核へと向かう。2人のライダーは圧倒的な力を発揮するコアとの激闘を開始し、マグマの底に突入、コアのパワーの源に迫っていく。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2010年
製作国 日本
配給 東映
ヘッド館 丸の内TOEI
公開日 2010年12月18日(土)公開
カテゴリ アクション
チケット 前売りチケットを購入する