「END CALL」(2009)

画像

【DVD発売中】

50点50
アメリカで先行上映され話題となった日本人監督によるホラーがついに上陸! ある番号に電話をすると通話時間分だけ自分の寿命が短くなる代わりに、願い事が叶うという奇妙な噂を実行した女子高生の壮絶な運命を描き出す。監督は26歳の時に『水霊〈ミズチ〉』を撮り上げ、将来有望の新鋭・山本清史、出演は芳賀優里亜、小林俊、臼田あさみほか。

あらすじ

高校生の舞(芳賀優里亜)は、登校中に出会う堂島(小林俊)に一目惚れ。彼への思いを成就させようと、噂で聞いた“禁番”と呼ばれる番号に電話を掛ける。それは、願いをかなえてくれる代わりに、通話時間の分だけ命が短くなるという呪われた番号だった。願いは通じて、舞と堂島はめでたく交際を開始するが、同じ頃から舞の周りで奇妙な出来事が起こり始める。超高額な携帯電話の請求書、そして友達の涼子(松本里菜)の自殺。しかもそれは、涼子が堂島にフラれたことが原因だという。さらに大親友のマコ(玲奈)が緊急入院してしまう……。果たして、舞を襲う悲劇は禁番の呪いなのか。それとも……? 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2009年
製作国 米=日本
配給 ティー・オーエンタテイメント
上映時間 95
公開日 2010年10月16日(土)公開
カテゴリ ホラー
チケット 前売りチケットを購入する