「あゝ零戦」(1965)

【DVD発売中】

30点30
ゼロ戦に乗った若きパイロットたちの戦いを描く青春アクション。第二次大戦期、海軍航空隊に編入された夏堀と峯岸は、特訓のなかでたくましい兵士に成長。零戦乗りとなった彼らは数々の戦果をあげる。だが、戦局が厳しくなり、飛行士は特攻の任務を負わされ、やがて二人にも特攻指令がくだる……。特撮を駆使した飛行シーンが見もの。

あらすじ

最強を誇るラエ基地・海軍航空隊に若い夏堀中尉と峯岸二飛曹が着任して来た。隊長の梶大尉とその列機の徳永兵曹は、海空にその人ありと知られた零戦乗りだ。此の二人に夏堀と峯岸は実戦の厳しさを骨のズイまで叩きこまれ、逞ましく勇ましい露戦パイロットとして成長していった。激しい出撃が毎日続いた。戦局の切迫は、零戦を戦闘爆撃機として使用せよという命令が下った。戦闘機が爆弾を載んだらどうなるか。結果は余りにもひどかった。梶大尉徳永兵曹というベテランを失ってしまった。そんな中で夏堀は大尉に昇進、セブ島基地の隊長として比島に着任した。そこで海兵同期の小関大尉と逢った。二人は再会を喜んだが、その小関大尉も翌日の出撃で戦死してしまった。セブでも毎日戦闘が続いた。飛行機と飛行機の消耗戦である。墜しても墜しても米軍の反撃があった。そのうち、零戦に勝る新鋭機グラマンが南方の空に出現した。明らかに日本は受身の戦いに追いこまれた。この戦局の逼迫は、体当り攻撃“神風特別攻撃隊”を生んだ。夏堀は南九州基地に呼びかえされ、特攻の護衛戦闘機隊の隊長に任命された。連日、連夜、特攻出撃がくり返された。夏堀、峯岸は特攻を志顔したが、ベテラン・パイロットとしての腕を惜しまれた二人には特攻は許されなかった。しかし、兵力の不足は、遂に二人を特攻に編入させざるを得なかった。“南方海上に、有力なる機動部隊を発見す”の飛電に、夏堀は十数機を率いて飛び立った。峯岸も夏堀隊長の二番機として二五〇キロを腹に抱いて出撃した。やがて基地無電室に“グラマンと交戦中”という無電音波が入ったまま消息がとぎれた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1965年
製作国 日本
配給 大映東京
チケット 前売りチケットを購入する