「勝利と敗北」(1960)

60点60

あらすじ

全日本ウェルター級チャンピオン・佐々木が突然引退声明をした。ために早急に次期チャンピオンを決定しなければならなくなり、各ジムから挑戦資格者が続続名のりをあげた。最有力な峰岸ジムではその推薦をめぐって一つの争いが起きた。峰岸は最初からボクサーとしては盛りをすぎた年齢ではあるが、ランキング一位にある山中を推すつもりだった。が峰岸のジムにはノックアウトキングという異名をとり学生からプロ入りした旗がいた。彼は自分の実力が認められないのを不満に思い峰岸のジムを飛びだした。暗黒街のボス郷田は、旗を自分の息のかかった松田ジムに引取った。旗は近藤ジムの吉川と闘うことになった。この勝負に勝てば一位の山中に挑戦することになる。吉川は山中の妹葉子の愛を得るためにどうしても勝ちたかった。が、激しい練習で右手を負傷した。試合は最初から旗の一方的な優勢のうちに進められた。しかし、最終回吉川のアッパーカットがきき旗はダウンを喫して引分けとなった。その後、吉川はオートバイを飛ばしすぎて足を折った。旗が一位の山中に挑戦することになった。旗も峰岸にさとされ、フェアな拳闘に対する気持ちをもち始めていた。峰岸は郷田の手から旗を取り戻さねばならぬと考えたが、金を積めと要求された。恋人の小夜子が、結婚を迫る実業家から金を借りて峰岸に用立てた。小夜子は峰岸に心の中で訣別をした。峰岸は旗を近藤ジムに托し、自分は山中に全力を傾けた。試合当日、山中と旗はリングに上った。激闘。遂に旗が勝った−−。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1960年
製作国 日本
上映時間 117
チケット 前売りチケットを購入する