「名前のない女たち」(2010)

画像

【DVD発売中】

64点64
鮮烈なエロス描写で人間の存在を撮り続けてきた佐藤寿保監督が、企画AV女優の性と生をインタビューで綴った同名ノンフィクションを映画化。ルルと綾乃、ふたりのAV女優を演じるのは新人・安井紀絵と佐久間麻由のふたり。ヘアヌードも辞さない新鮮で懸命な彼女らの演技を、新井浩文、渡辺真紀子、鳥肌実ら個性派の実力俳優が強力サポート。

あらすじ

読書と公園の散歩が趣味という22歳のOL小倉純子(安井紀絵)は、母親(渡辺真起子)の言いなりに地味に生きてきた。ある日、純子はふと立ち寄った渋谷で、スカウトマンに声を掛けられる。自分でない誰かになれたらおもしろいと思わないかというスカウトマンの言葉に誘われた純子は、AVの世界に足を踏み入れる。純子にとって、男優とのセックスはショックで怖かったが、新鮮な体験でもあった。桜沢ルルという芸名を与えられ、ウィッグをつけ、オタク少女の衣装を着た純子は、自分が誰かに変身することができると知り、自分の居場所を見つけた気がした。同じ撮影現場にいた栗原綾乃(佐久間麻由)は元ヤンキーで、キレると手がつけられなくなる自分を押し殺し、男に貢いでいた。そんな彼女にとって、ルルのウザさ、世間知らずな様は気がかりで仕方なかった。ルルは人気が出るとストーカーにつきまとわれ、会社にもAV出演がバレてしまう。さらに事務所の社長は、ルルを陵辱ものに出演させようと画策する。ルルは、綾乃のマンションに向かう。企画女優は、人気がなくなれば使い捨てられる。ある日、1人のAV女優が自殺する。企画女優の残酷な現実は、ルルの身にも降りかかる。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2010年
製作国 日本
配給 ゼアリズエンタープライズ=マコトヤ
ヘッド館 テアトル新宿
上映時間 105
公開日 2010年9月4日(土)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する