「海と夕陽と彼女の涙 ストロベリーフィールズ」(2006)

画像

【DVD発売中】

69点69
地方発信の映画として、世界遺産・熊野古道を有する和歌山県田辺市を舞台に、昔ながらの美しい自然と爽やかな友情を綴った青春ファンタジー。『蝉しぐれ』の佐津川愛美や『カナリア』の谷村美月など期待の若手女優の好演も見どころだ。

あらすじ

夕陽が美しい和歌山県田辺市。自動車事故によりクラスの3人の友達を亡くした17歳の女子高生・夏美(佐津川愛美)は、教室でいじめられるタイプの女の子であった。同じクラスでありがながらけっして仲がいいと言えない夏美、マキ(谷村美月)、理沙(芳賀優里亜)、美香(東亜優)の4人。しかし、その4人に奇跡が起きた。夏美を除く事故で命を落とした3人が、幽霊になってこの世に舞い戻ってきた。ただし、タイムリミットは48時間。彼女らは、現世に戻ってきて生きている間にできなかった夢を叶えようとする。ただ、その3人を見ることができて会話もできるのは、夏美ただひとりだった。反発しあいながらも、好きな食べ物・景色・人のことを話し合い、思い出を語りあう4人であった。夏美の協力で、最後の思い出を作ろうとする美香・理沙・マキの3人。そんな楽しくも儚いひとときだったが、彼女たちの前に、死の世界に再び連れ戻す死神が現れる。仲のよくない4人が、幽霊の存在を信じない大人たちや死神と戦いながら友情を築き始める。夏の眩しい日差しの中で奇跡が起きる。友情を初めて知ることができた4人の一生の思い出は、まるで奇跡のようだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2006年
製作国 日本
配給 ビデオプランニング=日本出版販売=ワコー
ヘッド館 渋谷シアター・イメージフォーラム にて モーニングショー公開
上映時間 91
公開日 2006年9月16日(土)公開
カテゴリ 青春ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する