「女たちは二度遊ぶ」(2010)

画像

59点59
携帯電話専門の放送局“BeeTV“史上、60日間で最高のダウンロード記録を樹立した話題の携帯ドラマがスクリーンに。芥川賞作家・吉田修一の原作を、行定勲監督が豪華女優陣を主演に迎えて描いたオムニバス。“忘れられない女“をテーマに、相武佐紗季、水川あさみ、小雪、優香、長谷川京子がそれぞれ魅力あふれる現代の女性像を体現している。

あらすじ

<どしゃぶりの女>飲み会で知り合った女(相武紗季)を一晩、自宅に泊めた男(柏原崇)は、彼女に“雨が上がるまでいれば?”と告げる。彼女を追い出すための口実だったが、その後、雨は三日間降り続いた。しかも彼女は炊事、掃除はおろか灰皿の吸殻さえ捨てない、何もしない女だった。男はそんな女を次第に愛おしく感じ始める……。<自己破産の女>友人と2人で居酒屋に入った男(高良健吾)は、泥酔状態の女(水川あさみ)と出会う。ホテルに入った2人は、翌日から一緒に暮らし始める。求職中で時間を持て余していた男は、何をするにも彼女と一緒。生活費の当ては、以前、知り合いに頼まれて作った消費者金融のカード。一万、二万と気軽な気持ちで現金を引き出していくが……。<夢の女>駅で目を見張るような美女(小雪)に遭遇した男(小柳友)。思わずその後を追うが、着いた場所は古い木造アパート。見てはいけないものを見たような思いに後悔する。数日後、彼女に再会した男は声を掛け、バイト先のバーに招待するが、女はいつになっても現れない。待ちわびた男は、次第に現実と夢の狭間に迷い込んでいく……。<平日公休の女>友人宅で知り合った女(優香)と付き合い始めた男(塚本高史)。デパートの化粧品売り場で働く彼女の休みは木曜。水曜の夜は男の家に泊まるようになる。女は2人の食事代も気前よく払ってくれたが、昔の恋人からよりを戻そうと言われた男は、彼女に別れを告げる。“別れてよかったと思えるぐらい、ひどいことしてよ”と言われた男は……。<つまらない女>喫茶店で、偶然耳にした客の恋愛話を書いてきた小説家(ユースケ・サンタマリア)。ネタ切れの彼に、編集者は“自分のことを”と提案する。だが、彼の恋人(長谷川京子)はつまらない女。交際6年で同棲して夫婦同然。平凡な日常に、物語になるようなことは何もない。切羽詰った男が別れを切り出すと、彼女は家を出て行くが……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2010年
製作国 日本
配給 エイベックス・エンタテインメント
ヘッド館 新宿バルト9
上映時間 124
公開日 2010年7月3日(土)公開
カテゴリ ラブ・ストーリー
チケット 前売りチケットを購入する