「仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超・電王トリロジー EPISODE BLUE 派遣イマジンはNEWトラル」(2010)

画像

75点75
男の子たちだけでなく、その親世代も巻き込んで人気を呼んだ『仮面ライダー電王』。その高評を受けて再スタートした『超・電王』シリーズの新作映画3本を2週間ごとに連続公開。本作は、ゼロノスの活躍を描いた『EPISODE RED』に続く第2弾。NEW電王が、大切な相棒を守るために時間の改編を企てる侵略者イマジンに闘いを挑む。

あらすじ

時の分岐点“ターミナル”でイマジンによる“時の列車”乗車チケットの盗難事件が発生。良太郎(溝口琢矢)とモモタロス(声:関俊彦)が奪い返そうとするが、逆に深手を負ってしまう。そこへ現れた助っ人は、良太郎の孫でNEW電王に変身する幸太郎(桜田通)とテディ(声:小野大輔)だった。しかし、NEW電王への変身に必要な2人の契約は終了したと、オーナー(石丸謙二郎)がいきなり爆弾発言を……。NEW電王が捨て身で立ち上がる、友情のミラクル・ジャーニー! 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2010年
製作国 日本
配給 東映
ヘッド館 新宿バルト9
上映時間 73
公開日 2010年6月5日(土)公開
カテゴリ アクション
チケット 前売りチケットを購入する