「憐れみムマシカ」(2009)

画像

100点100
未確認生物の利権をめぐってエスカレートする思惑と欲望。東北地方のとある町で実際にあった“大蛇出現“事件をモチーフに、これが劇場デビュー作となる俊英・松田健太郎監督が優しさとユーモアで描く、ダメ人間と未確認生物の物語。現代の無責任男・柏木に本作が初主演となる浅見小四郎が扮し、情けない中にも渋みのある演技で新境地を開いている。

あらすじ

夏の暑い盛り。山間の小さな町、怒猿町。町議会議員の柏木厚雄(浅見小四郎)は落選したことがきっかけで、町おこしのためにと町長の西村(菅田俊)から未確認生物の捏造計画を依頼される。最初は遊び半分で参加していた柏木であったが、自ら扮する未確認生物“ヌッチー”が世間の話題になるにつれて、何とも言えない高揚感を抱き始めるのだった。しかしある日、その計画が妻・美江(大塚良重)や娘・里美(菜葉菜)、息子・広志(河合龍之介)に知られてしまう。家族全員に反対され、柏木はもう計画には関わらないと約束するが、金儲けに走る者や未確認生物を追う者が町外から現れ、騒動は日に日に盛り上がりを見せていく。そんな中、西村は最後にもう一度“ヌッチー”になるよう柏木に頼むのだが……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2009年
製作国 日本
配給 ジェリーフィッシュフィルム
ヘッド館 アップリンク X
上映時間 74
公開日 2010年7月31日(土)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する