「ボックス!」(2010)

画像

【DVD発売中】

66点66
関西の伝説的番組『探偵!ナイトスクープ』を手掛ける放送作家・百田尚樹が2008年に出版し、話題になった青春小説『BOX!』を映画化。大阪にある高校のボクシング部を舞台に、天才的なセンスを持つ体育科のヤンチャな生徒と、努力型で進学科の優等生とが、お互いにライバルになりながらも、ボクシングを通して共に成長していく姿を描く。

あらすじ

鏑矢義平こと“カブ”(市原隼人)は、大阪の高校の体育科に通うボクシング部のエースにしてやんちゃな天才ボクサー。カブの幼なじみで気弱な優等生・木樽優紀こと“ユウキ”(高良健吾)も、彼の強さに憧れてボクシングを始める。怠け者だが天性のボクシングセンスを持つカブは試合でもいきなり連戦連勝。誰の言うことも聞かないマイペースな彼だったが、先輩のために体を張る仲間思いな一面も持ち合わせていた。そんなカブのサポートもあり、ユウキはただ強くなりたい一心と持ち前の生真面目さで日々鍛錬を積み重ねていく。二人の成長を見守るのは、カブに恋心を抱き、押しかけマネージャーとなった丸野(谷村美月)、不本意ながらも新たにボクシング部の顧問となった英語教師の耀子(香椎由宇)、そして秘められた過去を持つボクシング部顧問の沢木(筧利夫)だった。沢木の指導もあって、ユウキは高校ボクシング界で無敵を誇るカブに一歩一歩近づいていく。やがて、ライバルとして二人が拳をぶつけ合う日が訪れる。熱戦の末、勝利を手にしたのは意外にもユウキであった。しかし、カブは悔しさを噛み締めながらも、ユウキの成長を心から祝福する。栄光と挫折の中に見出した真実の友情は、二人を新たなるステージへと向かわせることとなった。超高校級の無敗のモンスターと恐れられる稲村を倒すため、カブとユウキは更に過酷な特訓を続けていく……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2010年
製作国 日本
配給 東宝
ヘッド館 TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
上映時間 126
公開日 2010年5月22日(土)公開
カテゴリ 青春ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する