「Lost&Found」(2007)

画像

【DVD発売中】

0点--
『ロックアウト』と同様に“世界が愛した才能“シリーズの第1弾“北米編“として公開。オースティン映画祭2008のグランプリ受賞作で、とある東北の駅の“落し物あずかり所“を舞台に、職業も年齢も性別も、置かれている立場も異なる人たちが紡ぐ人間模様を描く。落し物を通じて気づかぬうちに影響しあっていく様子を、新鋭監督が丁寧な演出で掬い取る。

あらすじ

東北のとあるローカル線の終着駅にある落とし物あずかり所。そこには、傘、キーホルダー、デジタルカメラ、タップシューズなど、様々な落とし物が届けられる。ある日、若い駅員・萩野(畑中智行)が新しい責任者に就任する。萩野は、落とし物あずかり所で黙々と働いている初老の係員・富樫(菅田俊)と気心が合わない。さらに、用もないのにやってくるサラリーマン・相馬にも冷たく当たってしまう。そうしているうちに、やがて、悲劇的な事件が起こる。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2007年
製作国 日本
配給 ブラウニー
ヘッド館 シネマート六本木
上映時間 75
公開日 2010年2月28日(日)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する