「ロストクライム −閃光−」(2010)

画像

【DVD発売中】

50点50
『女囚さそり』シリーズの生みの親・伊藤俊也監督が、『プライド・運命の瞬間』以来11年ぶりに放つ最新作。気鋭ノンフィクションライター・永瀬隼介の犯罪小説『閃光』を基に、昭和最大のミステリー“三億円事件“の真相を暴く。主演の若手刑事役に、渡辺謙の血を受け継ぐ渡辺大。定年間際のベテラン刑事に扮する奥田瑛二との演技合戦にも注目したい。

あらすじ

隅田川で発見された絞殺死体を巡り、所轄署の若手刑事・片桐慎次郎(渡辺大)は、自ら捜査に名乗りを上げた定年間近のベテラン刑事・滝口政利(奥田瑛二)とコンビを組まされる。上層部の指示を無視して捜査する滝口に、片桐は苛立つ。滝口は、殺された男・葛木勝が、1968年に起こった三億円強奪事件の最重要容疑者の1人であったことを片桐に告げる。滝口は、三億円事件の犯人を追っていた捜査員の1人だった。片桐は、滝口の家で当時の資料を読み漁る。その資料には、葛木以外に数人の顔写真があった。片桐は、犯人グループをほぼ特定しながら逮捕しなかった理由を尋ねるが、滝口は答えない。数日後、三億円事件を追うフリージャーナリスト・宮本翔大(武田真治)が、片桐の前に現れる。宮本は、葛木の殺人事件が三億円事件に関係していること、三億円事件を組織として隠そうとしている警察が片桐たちを危険視していることを告げる。さらに、片桐が同棲している元風俗嬢の恋人・多恵子(川村ゆきえ)の存在を持ち出して脅しをかける。宮本がそこまでして自分たちに近づきたがっていることに恐怖を覚えた片桐は、何も言わずに多恵子を家から追い出す。翌朝、片桐は滝口の元に駆け込み、三億円事件について尋ねる。滝口は、事件の真相を語り始める。主犯格の男・緒方純の父親が警察官で、そのことを隠蔽するため、警察が事件自体を闇に葬り去ったというのだ。2人は事件の核心に迫っていくが、警察内にそれを阻もうとする動きが起こり始める。滝口は、上司である捜査一係管理官の藤原に呼び出される。滝口がある名前を口にすると、藤原はその名前を出すことを止め、滝口を捜査から外す。滝口は表向きには休暇を取り、寂れた旅館に片桐を呼び出す。片桐に続き現れた宮本は、葛木が三億円事件の真相をマスコミに売ろうとして、仲間から殺されたことを明かす。そして極秘資料と引き換えにトップシークレットを開示するよう、滝口に迫る。滝口はついに口を開く。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2010年
製作国 日本
配給 角川映画
ヘッド館 角川シネマ新宿
上映時間 118
公開日 2010年7月3日(土)公開
映倫 PG12
カテゴリ サスペンス/ミステリー
チケット 前売りチケットを購入する