「きな子〜見習い警察犬の物語〜」(2010)

画像

【DVD発売中】

66点66
人気若手女優の夏帆が、見習い警察犬の見習い訓練士を演じる感動ストーリー。香川県に実在するラブラドール・レトリバーで、嘱託警察犬試験に5度も失敗している見習い警察犬の実話を基に、動物と人が織り成す絆を笑いと涙のエピソードを重ねて描く。讃岐弁を始め、訓練士の業務や世話の仕方を猛特訓して撮影に臨んだ夏帆の熱演に注目だ。

あらすじ

瀬戸内海に面した香川県丸亀市。望月杏子(夏帆)は、亡き父のような警察犬訓練士になることを夢見て、警察犬訓練所に入所。所長の番場晴二朗(寺脇康文)やその妻、詩子(戸田菜穂)、2人の子供である圭太(広田亮平)と新奈(大野百花)らに囲まれ、見習い訓練士として第一歩を踏み出す。先輩訓練士の田代渉(山本裕典)の指導を受けて、犬の世話を基本から学んでいく杏子。厳しい生活の中、生後間もないラブラドール・リトリーバーの子犬“きな子”と出会う。だが、警察犬用の犬以外は置けないという番場。その言葉に杏子は思わず、“自分が警察犬に育てる”と宣言してしまう。こうして始まった1人と1匹のトレーニング。だが、2年目を迎えても、きな子は満足いくような結果を出せない。その頃、実家を継ぐために渉が訓練所を去る。夢半ばで諦めることになった渉の気持ちを察した杏子は、自らの決意を新たにする。番場の勧めもあり、きな子は訓練発表会に出場。だが、きな子は顔面から転落する大失態を演じてしまう。すっかり落ち込み、きな子を責める杏子を番場は一喝。失敗はきな子の責任ではなく、訓練士の未熟ゆえだと諭す。一方、発表会での失態がテレビ放送されたことで、“ずっこけ見習い犬”としてきな子の人気は上昇。だが、一人前の警察犬に育てようとする杏子は、さらに厳しい訓練を重ねる。こうして迎えた警察犬試験だったが、きな子はまたしても失敗してしまう。悔し涙を流す杏子の横で突然倒れるきな子。病院に運ばれる羽目に……。訓練に熱中するあまり、きな子の体調を考えていなかったことが原因だった。警察犬になるより、みんなに愛されて暮らす事がきな子のためと考え、訓練所を辞める杏子。やがて、杏子のもとに詩子から電話が。新奈がきな子と出掛けたまま戻らないという。豪雨の中、駆け出す杏子。不器用な一人と一匹は、再び夢を取り戻すことができるのか……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2010年
製作国 日本
配給 松竹
ヘッド館 丸の内ピカデリー
上映時間 113
公開日 2010年8月14日(土)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する