「月と嘘と殺人」(2010)

画像

【DVD発売中】

0点--
根岸吉太郎や市川準のもとで助監督を務め、『RED HARP BLUES』でデビューした高橋正弥監督の新作。暗い過去を背負ったふたりの警官と犯罪に手を染める若者たちがたどる運命をサスペンスフルに描く。ミュージカル『テニスの王子様』で脚光を浴びた八神蓮と滝口幸弘という今後の活躍が期待される次世代俳優のふたりが主演を務める。

あらすじ

相田省吾(八神蓮)と奥寺耕介(滝口幸広)は、警察学校を同期で卒業、その後、相田は交番勤務に、奥寺は銃器薬物対策係へと同署内で配属される。ある月夜の晩。相田巡査は先輩の谷口巡査(高橋優太)と共に巡回中、親子喧嘩の仲裁をしていた。その頃、同じ管轄地域内で多発しているひったくり事件が再び発生。そして、一人の男性の変死体が発見される……。ひったくり事件の犯人は、高校生の篠原ツカサ(真山明大)と浜田太一郎(森陽太)、青山博巳(池田竜治)の3人で、酔っぱらった男やOLなどをターゲットにしていた。そんなある夜、3人は、千鳥足で歩きながら大声で電話をしている大城勇二(鳥羽潤)の鞄をひったくる。実は、大城はかつて巡査だった相田の父・孝雄(鈴木省吾)を死に追いやった容疑者だった。しかし不起訴で釈放され、この地に舞い戻ってきたのだ。大城の鞄の中には、大量のドラッグが入っていた。ドラッグは危ないと制する仲間を振り切り、浜田は密売の行なわれているクラブへ向かう。ツカサの妹・ミズキ(福永マリカ)は浜田を心配するが、浜田はドラッグディーラーの花島竜哉(佐藤永典)に接触する……。大城のひったくり事件と殺人事件を受け、相田孝雄の同期だった刑事、近藤彰夫(田中隆三)は、再び事件の調査を始める。過去を背負い事件を追う相田。大城を追う奥寺。新たな事件は新たな悲劇を生み、そして新たな謎を生む。だが、全ては真実へ繋がるパズルのピースだった……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2010年
製作国 日本
配給 リベロ=マジカル
ヘッド館 シネマート六本木
上映時間 82
公開日 2010年2月27日(土)公開
カテゴリ サスペンス/ミステリー
チケット 前売りチケットを購入する