「座頭市 THE LAST」(2010)

画像

【DVD発売中】

65点65
勝新太郎の当たり役として、映画史にその名を残す屈指の名キャラクターにして、北野武が映画で、三池崇史が舞台で復活させた“座頭市“に、阪本順治監督&香取慎吾という新鮮なコンビが挑む話題作。盲目の按摩、市の人生の最期を描くという本作は、タイトル通り、正真正銘の“最終章“。悪を斬って斬って斬りまくってきた市が、最後に“見る“ものとは?

あらすじ

最愛の妻・タネ(石原さとみ)に「これが最後」という約束をして、市(香取慎吾)は最後の死闘に臨むが、やっと終わるかと思ったその時、タネが追手の刃に落ちてしまう。絶望に沈む市は、タネとの約束を守るため、もう人を斬ることはせずに平穏な暮らしをしようと故郷に帰り、かつての親友・柳司(反町隆史)の家に身を寄せる。この地で百姓として静かに暮らそうと仕込み杖を置いた市。柳司の母・ミツ(倍賞千恵子)やその息子・五郎(加藤清史郎)らに囲まれながら平和な日々が続くかに思えたが、村は非道な天道(仲代達矢)一家によって支配され、百姓達は悪の限りを尽くす彼らに苦しめられていた。追いつめられた百姓達は市に助けを求め、一度封じ込めた仕込み杖を市は再び手にせざるをえなくなってしまう。だが、その先には更なる壮絶な運命が待ち受けていた……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2010年
製作国 日本
配給 東宝
ヘッド館 TOHOシネマズ 有楽座
上映時間 132
公開日 2010年5月29日(土)公開
映倫 PG12
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する