「佐賀のがばいばあちゃん」(2006)

画像

【DVD発売中】

64点64
芸人・島田洋七が、少年時代の思い出を綴った自伝的小説の映画化。戦後間もない佐賀を舞台に、貧乏ながらも明るく生きる祖母と孫の暮しを描く。生きるための金言を次々と放つ祖母役を、名女優・吉行和子が魅力たっぷりに好演している。

あらすじ

44年前、岩永明広(三宅裕司)は戦後まもない広島で、原爆症の父親を亡くし、居酒屋で懸命に働く母に育てられていた。しかし、母(工藤夕貴)の元を離れ、佐賀にある祖母(吉行和子)の家で暮らすことになった。祖母は、現役の掃除婦として働き、古くなった家で一人暮らしをしていた。こうして、明広とばあちゃんの暮らしが始った。朝4時、ばあちゃんに起こされ、ご飯を炊く。ご飯が炊けたら、家の裏に流れる川に行く。川には上流にある野菜市場で売り物にならない曲がったキュウリや野菜の切れ端が流れてくるのだった。ばあちゃんと二人きりの貧乏暮らしだったが、大好きな母に心配させまいと明広は必死にがんばった。やがて学校にも馴れた明広は、どうしてもスポーツがしたい。そんな明広に、ばあちゃんが出したアイデアは、「走りんしゃい」。「走る地べたはタダ、道具もいらん」というわけだ。半分だまされた気分だった明広は、それでも毎日、運動場を走り続けた。ついには学校で一番速いランナーになった。中学に入ると、野球部で明広は大活躍。勉強はさっぱりだが、ばあちゃんのおかげで、たくましい少年に育った明広。やがて、佐賀での暮らしも終わろうとしていた……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2006年
製作国 日本
配給 ティ・ジョイ=映画「佐賀のがばいばあちゃん」製作委員会
ヘッド館 銀座シネパトス他にて全国公開
上映時間 104
公開日 2006年6月3日(土)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する