「仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイドMOVIE大戦2010」(2009)

画像

【DVD発売中】

66点66
『仮面ライダーディケイド』と『仮面ライダーW』。平成を代表するダブルヒーローが、前作に続いて再びタッグを組み、巨大な悪の野望に立ち向かう。歴代ライダーとの息詰まるバトル。大ショッカーに替わる新たな組織が産み出す脅威の生命体。暗躍するドーパント…。W誕生の秘密に迫り、ディケイド運命のラストバトルを描く、劇場版最新作。

あらすじ

「仮面ライダーディケイド 〜完結編〜」士(井上正大)が変身するディケイドは、今や世界の破壊者となっていた。夏海(森カンナ)やユウスケ(村井良大)の願いは届かず、ディケイドは仮面ライダーたちを倒していく。女戦士・電波人間タックル(広瀬アリス)は、そんなディケイドを愛していた。そして夏海は仮面ライダーキバーラとして、ディケイドを制止しようと試みる。一方、スーパー死神博士(石橋蓮司)は、ゾル大佐、蜂女と共に、大ショッカーを越える悪の軍団・スーパーショッカーを結成する。そして新怪人・ネオ生命体を生み出し、世界征服を画策していた。「仮面ライダーW 〜ビギンズナイト〜」鳴海探偵事務所に“風都”の人気歌手・安紗美(渋谷飛鳥)から、亡き姉・恵理香を探してほしいという調査依頼が舞い込む。翔太郎(桐山漣)とフィリップ(菅田将暉)が事件を調査していると、死んだはずの師匠・鳴海荘吉(吉川晃司)が現われる。しかし同時に、荘吉が仮面ライダースカルとなって襲撃してくる。2人は死人還りの謎を解くため、仮面ライダーWになった夜のことを思い出す。「MOVIE大戦2010」ディケイドとWがそれぞれ自らの運命に向き合ったとき、戦いは新たな局面を迎える。暗躍するドーパント(寺田農)は、翔太郎たちの思い出を踏みにじる。また、巨大要塞メカとリボルギャリーは、迫力のバトルを繰り広げる。そしてスーパーショッカーの野望を打ち砕くべく、平成ライダーたちも参戦して、究極の生命体との決戦が始まる。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2009年
製作国 日本
配給 東映
ヘッド館 丸の内TOEI
上映時間 80
公開日 2009年12月12日(土)公開
カテゴリ アクション
チケット 前売りチケットを購入する