「Mogera Wogura〜モゲラウォグラ〜」(2007)

画像

【DVD発売中】

60点60
早稲田大学と慶応大学の映画サークルが組んで、大杉蓮を主演に撮った学生映画。東京を流れる1本の河を軸に、それぞれ問題を抱え、穴にもぐったモグラのように生きる男たちが織りなす群像模様を描く。共演は麿赤児、『俺たちに明日はないッス』の我妻三輪子ほかで、早稲田出身の新鋭・草野翔吾がメガフォンを取る。

あらすじ

人々は地震の話ばかりしながら、同じことを繰り返すだけの日常を送っていた。10歳の少年(堀ひかる)は河原で、トンネルのついた秘密基地をつくっていた。21歳の青年(石上亮)は、狭いダクトを掃除するアルバイトを始める。ヒロ(宮崎晋太郎)は、川辺にいつもある落とし穴に落ちてばかりいた。26歳の男(印南俊佑)は、ヒロと野球をすることだけを楽しみにしていた。ある家の娘(梅舟惟永)は窓を締め切り、家に閉じこもっている。彼女の45歳になる父親(大杉漣)は娘と同じ家にいることが耐えられず、コインランドリーで時間をつぶしていた。65歳の老人(麿赤兒)は、駐車違反の切符を切り続けている。ラジオから、もうすぐ地震が来るらしいという噂が流れ始める。人々はかつて犯した失敗を思い出し、繰り返しばかりの日常から抜け出す必要性を感じて行動を起こし出す。10歳の少年は、同級生の女の子を自分の秘密基地に誘う。26歳の男は、ヒロと、ヒロが思いを寄せている女性・カオリ(我妻三輪子)との仲を取り持とうとする。ダクト掃除のアルバイトを始めた青年は、地元に住んでいる昔の恋人に会いに電車に乗る。父親は、娘を外の世界に連れ出すために口を開く。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2007年
製作国 日本
配給 Arc film
ヘッド館 渋谷シアターTSUTAYAにてレイトショー公開
上映時間 90
公開日 2009年10月10日(土)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する