「コント55号 俺は忍者の孫の孫」(1969)

0点--
山田風太郎の奇想天外な小説をベースに作られた、ハチャメチャなドタバタ喜劇の快作。欽ちゃんと二郎さんのコント55号コンビが今回も、大いに笑わせてくれる。甲賀忍者の末裔・甲賀二郎と伊賀忍者の末裔・伊賀欽一が出会い、対決の末、二郎のイカサマ忍法に欽一は敗れる。その後、彼らは2派の政治家に利用され、二郎は選挙に立候補、欽一はそれを妨害するが……。DVDは「コント55号結成40周年記念ムービーBOX」に収録。

あらすじ

甲賀忍者の末孫・甲賀二郎は、公園で狂言の焼身自殺をしようとして、伊賀欽一に止められたが、二郎に共鳴した欽一は、手助けに及んだ。二郎はあわてて、逃げだし、公園は大混乱。二人は、軽犯罪の疑いで逮捕された。しかし、太陽党幹事長の鷲塚剛太郎の娘・亜矢子の助言で、釈放された。二郎は、マスコミの話題になり、反対に、欽一は世の中がいやになり自殺を計ったが、失敗。祖先の伊賀白雲斎に忍術を伝授された欽一は、二郎に挑戦したが、二郎のイカサマ忍法により、敗れた。その頃、二郎の人気に目をつけた、平和党の総裁・相良以蔵は二郎を自党から立候補させた。これを知った、太陽党の鷲塚は、欽一の忍法を利用し、二郎の立候補の妨害を策した。しかし、欽一の忍法は、すべて失敗した。そして、最後の手段、男子懐妊の術が試みられた。だが、どうした訳か、術をかけた卵を、相良と鷲塚が飲んでしまった。それを知らぬ二人は、密かに手を結んで、二郎を落選させようと謀っていた。選挙の結果、二郎は落選し、相良と鷲塚からは赤ん坊が生れた。その泣き声を聞いた欽一と二郎は、自分たちが政治家に利用されていると悟った。世界幸福連邦を作ろう!二人は、胸を張り、未来に向かって、歩きだした。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1969年
製作国 日本
上映時間 81
チケット 前売りチケットを購入する