「ワカラナイ WHERE ARE YOU?」(2009)

画像

【DVD発売中】

63点63
『バッシング』や『愛の予感』など世界の映画祭で高い評価を得ている小林政弘監督が、社会から見放された少年の行動を鋭い視点で見つめる人間ドラマ。病気で母を亡くし、生きることさえ困難なほどの貧困の中で現実と向き合い成長していく少年の物語を描く。2009年ロカルノ映画祭でコンペ部門に出品されるなど、世界の映画ファンが注目する作品。

あらすじ

母子家庭で育ち16歳になる川井亮(小林優斗)は、田舎町の粗末なアパートでひとり暮らし。入院中の母・伸子(渡辺真起子)を抱えながらも、コンビニのアルバイトで生計を立ててきたが、母の闘病生活が長引くにつれ日々の食事すら満足にできなくなってきた。今日もバイト先のコンビニでレジをごまかし、おにぎりやサンドイッチを持ち帰り空腹を満たす日が続く。同僚の木澤(柄本時生)も亮を気遣うが、誰も彼の孤独を埋めることはできなかった。夏休みのある日、レジのごまかしが店長に見つかり、亮はアルバイト先をクビになる。生活の糧を失い戸惑う亮は、やりきれない思いでひとり秘密の場所で父の住む東京の地図と、父と幼い頃の自分の写真を見つめる。それは亮にとって現実から目をそらすことのできる唯一の瞬間であった。頼るあてもなく入院中の母のもとを訪ねるが、希望を失った母は父への不満をぶつけるばかり。亮は張りつめていた気持ちが一気に崩れてしまう。そんなある日、母の死が訪れる。病院への支払いや葬儀代の工面という現実に追い込まれ、亮の不安と絶望は頂点に達する。アルバイト代の残りも底をつき、亮は母親の亡骸を自らの手で葬ることを決意。亮は、美しく青く塗られた小さなボートで母を海に送るのだった。一人きりの葬儀の後、亮は住み慣れたアパートを出て、父のいる東京へと向かう。ようやく父との再会を果たす亮。だが、そこには幸福とは程遠い現実が待っていた……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2009年
製作国 日本
配給 ティ・ジョイ
ヘッド館 ヒューマントラストシネマ渋谷
上映時間 104
公開日 2009年11月14日(土)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する