「パレード」(2010)

画像

【DVD発売中】

67点67
ルームシェアという不思議な関係性で「居場所」を見出している若者たちを包囲していく連続暴行事件――。第15回山本周五郎賞に輝く吉田修一の同名小説を、発刊当時から映画化を熱望していた行定勲が監督。『ロックンロールミシン』『きょうのできごと』に続く「モラトリアム三部作」の完結編との位置づけの中、社会の根源的な亀裂をあからさまにする。

あらすじ

4人の男女がルームシェア生活を送る都内の2LDKマンション。ある昼下がり、近所で起きた連続暴行事件のニュースを見ているのは、大学3年生の良介(小出恵介)と、人気俳優と恋愛中のフリーター琴美(貫地谷しほり)。夜になると映画会社勤務の直輝(藤原竜也)と雑貨店で働く傍らイラストレーターとしても活動する未来(香里奈)が帰宅する。そしてリビングに集まった4人が繰り広げるのは良介の恋愛相談。やがて、会話が一段落すると一同は思い思いの行動へ。健康第一の直輝はジョギングへ、未来は寝室、琴美は恋人の俳優が主演するドラマの鑑賞、良介は片想いの相手へ告白しようと意気込むのだった。数日後、琴美は居間に佇む金髪の美少年サトル(林遣都)と出会う。2LDKに4人が暮らすことへの疑問を口にするサトルに琴美は答える。“ここはインターネットの掲示板のようなもの。イヤなら出て行けばいい“ 。酔っ払った未来が連れ込んだサトルは、こうして部屋に住み着く。だが、サトルが連続暴行事件の犯人ではないかと疑う未来。直輝はそれを一笑に付す。一方、隣が買春宿ではないかと疑った良介は、潜入操作を実行するが、占い師だったことが判明。直輝の名で占いをしてきたという。その結果は、”あなたは変化を求めて世界と戦っているが、その戦いは世界が完全に有利“というものだった。ある日、遅めの出勤途中にサトルを見かけた直輝は彼を尾行。だが、行動に疑問は持つものの、結局はサトルに何も言えずに終わる。翌日、直輝が目覚めると、大切にしていたビデオを消去されたことから、サトルを部屋から追い出せと、未来が怒鳴り込んでくる。リビングに出て行くと、琴美から妊娠を告白され、それを恋人の丸山に伝えて欲しいと頼まれる。良介からは、片想いの女性と付き合うことになったので、田舎に戻って働きたいと相談を受ける。そして直輝は、誰もが自分を頼ってくることをグチるのだった……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2010年
製作国 日本
配給 ショウゲート
ヘッド館 シネクイント
上映時間 115
公開日 2010年2月20日(土)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する