「Dear Heart −震えて眠れー」(2009)

画像

【DVD発売中】

0点--
『g@me』『象の背中』の井坂聡監督が放つサイコホラー。静謐な高原の別荘を舞台に、心臓移植によって殺人鬼の狂気が宿されてしまった夫を持つ妻に降りかかる恐怖を、スリリングに描いていく。美しさの中に強さと脆さが混在する妖艶な妻を高島礼子が好演。『シャイニング』のジャック・ニコルソンを思わせる榎木孝明の怪演も観る者の目を楽しませる。

あらすじ

水島美輪子(高島礼子)は、ミステリー作家の夫・信二(榎木孝明)を連れて高原にある別荘を訪れる。信二は心臓移植を受けて間もなく、その療養と執筆を兼ねてやってきたのだが、常に何かに怯えており、そして少しずつ人格が破綻していく。そんな信二に美輪子は戸惑いを覚え、その原因を探ろうと別荘管理人の甥で旧知の間柄の武(加藤和樹)とともに東京へ戻る。信二の担当医である三田(島田陽子)や、ある連続殺人事件を追っている河野刑事(西村雅彦)に会い、信二の変調の原因を知った二人は驚愕する。信二に移植された心臓は連続殺人犯のもので、その狂気が信二の中に宿されてしまったというのだ。信二の看護のために別荘に残してきた秋吉聡子(亀谷さやか)の身を案じた美輪子と武は再び別荘へと車を走らせるが、信二の暴走は既に始まっており、そこは戦慄の館と化していた。元の人格が消えてなくなることはあり得ないという三田の言葉を信じ、必死に説得を続ける美輪子。果たして信二は本当の自分を、そして美輪子は夫を取り戻すことができるのか……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2009年
製作国 日本
配給 エクセレントフィルムパートナーズ=ゴー・シネマ
ヘッド館 シアターN渋谷
上映時間 87
公開日 2009年12月5日(土)公開
映倫 R15+
チケット 前売りチケットを購入する