「ウルルの森の物語」(2009)

画像

【DVD発売中】

62点62
“絶滅したエゾオオカミがもし生きていたら?“という設定のもと、都会から北海道にやってきた兄妹と一匹の赤ちゃんオオカミとの出会いと冒険を描く。野生動物と人間の共生、家族の絆などをテーマに、『マリと子犬の物語』をヒットさせた製作チームが再び集結して贈る心温まるドラマ。北海道の大自然や野生動物たちをとらえた美しい映像も見どころだ。

あらすじ

昴(桑代貴明)としずく(北村沙羅)の兄妹は、東京で母親の夏子(桜井幸子)と暮らしていた。しかし夏子が入院することになり、5年前に離婚した父・大慈(船越英一郎)の暮らす北海道に行くことになる。大慈は野生動物救命所の獣医をしていた。慣れない父との生活に戸惑う兄妹だったが、美しい大自然や野生動物たちとの触れ合いを通じて、少しずつ寂しさを紛らせていく。また、大慈の妹で動物カメラマンの千恵(深田恭子)や、牧場で働いている拓馬(濱口優)らも、兄妹を優しく見守っていた。ある日、しずくは1匹のオオカミに似た子犬と出会う。母親と離ればなれになった子犬に自分の境遇を重ねたしずくは、世話をすることを条件に飼う許可をもらう。しずくは子犬にウルルと名付ける。野生動物保護協会の分子生態学者・長谷部(光石研)が大慈の家を訪れる。長谷部はウルルが犬ではなく、絶滅したと言われるエゾオオカミの可能性が高いと告げ、しかるべき機関に預けるべきだと主張する。昴としずくは、ウルルを預けたら二度と戻って来ないと思い、母親オオカミにウルルを返すことを思いつく。アイヌ語で“オオカミの棲むところ”という意味を持つ伝説のオオカミの国“ホロケシ”を目指し、2人はウルルを連れて旅に出る。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2009年
製作国 日本
配給 東宝
ヘッド館 TOHOシネマズ 有楽座
上映時間 119
公開日 2009年12月19日(土)公開
チケット 前売りチケットを購入する