「女の橋」(1961)

0点--

あらすじ

新橋の芸者たまきは、財界の有力者有本礼助の座敷で知った青年社長川津俊哉に心をひかれた。十五年前、たまきは医者の山名和彦と結婚して孝次を生んだ。和彦は看護婦とし子と関係したまきを裏切った。それ以来、たまきは習い覚えた踊りをもとでに花柳界に身を投じた。川津と関係したたまきは妊娠した。川津のすすめで子供をおろしたたまきは、銀座裏に家を持った。川津の心はたまきからしだいに離れていった。たまきは有本のすすめでバー“ラ・マン・ブランシュ”のマダムになった。川津がたまきの店に来た。彼への思慕は激しく燃えた。川津は冷かった。山名が死んだ報せがきた。大洗にあずけた孝次を訪ね、たまきは自分の心を慰めた。たまきは一人で旅に出た。車で芸者時代に彼女を狙っていた槙と会った。二人は宿を共にした。その後も二人は逢ったが、槙の無軌道ぶりにたまきは失望した。たまきの後輩のきみ子が川津の子供をおろし、槙が借金にきた。たまきは有本に忠告された。たまきは槙と手を切った。川津は秘書の木村を通じて、たまきと再会を申込んできた。たまきはきみ子のことを持出して断った。男の気持を知ったたまきは、孝次を引取り、バーをやめ、母子で暮す決心をした。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1961年
製作国 日本
上映時間 91
チケット 前売りチケットを購入する