「ブレス・レス」(2005)

画像

50点50
他者との関係性に悩みながらも、不安的な現代社会をたくましく生きる“大人たちの青春“人間ドラマ。警官の独身寮で暮らす青年を中心に、ふたつの事件と共に絡み合う人間模様。コミュニケーションのさまざまな側面が繊細に描かれている。

あらすじ

警察で看守を務めている徹(筒井道隆)は独身寮で生活している。バンド活動に旺盛に励んでいたが、ライブは専ら留置所で行なわれていた。徹は看守から刑事に出世し、連続窃盗事件で押収された盗品の鑑識作業に立ち会う事になる。千切れた紙片を合わせていく作業を進めると、そこには“吉岡恵美子”という名前が……。盗品の持ち主らしいのだが、被害届は出されていなかった。警部補と共に、徹は恵美子(清水美那)の自宅へ。彼女は盗品が自分の持ち物である事は認めたが、何故か盗まれたのではなく自分でなくしたのだと言い張り、被害届の提出をかたくなに拒むのだった。数日後、徹は偶然見かけた恵美子の後を追いかけ、電車の中で彼女をナンパする。恵美子に想いを寄せる中、徹は女子大生暴行殺人事件の捜査担当になる。捜査を進める内に、徹は自分の身近な人間の犯行ではないかと思い至り苦悩する。やがて彼自身も事件に関係しているのではないかと疑われ、取り調べを受ける事になってしまう。取り調べる刑事たちの中に服部(遠藤憲一)が居た。服部は本庁の本部長であり、恵美子の不倫相手でもあった。彼女が被害届を出す事を拒んだのは服部の存在が原因だったのだ。それを知った徹が恵美子のアパートを訪ねると、部屋は既にもぬけの空。彼女の居場所は服部にも知らされていなかった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2005年
製作国 日本
配給 アルゴ・ピクチャーズ=Breath Less製作委員会
上映時間 112
公開日 2006年4月22日(土)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する