「HAZE〈ヘイズ〉」(2005)

画像

【DVD発売中】

41点41
塚本晋也監督による凄まじい“密室“劇。異様に狭いコンクリート空間に閉じ込められた男の、極限の恐怖を圧倒的な緊迫感で描き出す。塚本監督が小型デジタルカメラで撮影を行い、生と死の境界でもがき苦しむ主人公を自ら熱演している。

あらすじ

男(塚本晋也)が目覚めると、体を動かすこともできないコンクリートの密室に閉じ込められていた。どうしてこんな所に。ここに来る前はどこにいたのか。唯一分かっているのは、自分の腹部が出血し、早く手をうたないと死んでしまう、ということだけ。男は必死に体を動かし、異常に狭いコンクリートの空間を移動していく。そして行くたびに恐ろしい地獄が待ち受けている。どんなに移動しても、一条の光も見ることのできない男は、ついに力尽きる。死の淵に身を横たえた時、何か忘れていた大事なイメージが甦りそうになる。そのイメージにすがりつくように最後の力を振り絞って移動していく男。すると、男はひとりの女(藤井かほり)と会う。女も地獄をくぐり抜けてここにたどり着いたようだ。男と女は、少しずつ元いた場所を思い出しそうになるが、その世界は空漠として、本当に帰りたい、帰るべき場所なのか曖昧に思えてならない。男は脱出をあきらめようとするが、女はやはりさらに進む、という。ふたりは、この地獄から脱出することができるのか。そしてこの先ふたりにどんな地獄が待ち受けているのか。そこに光はあるのだろうか……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2005年
製作国 日本
配給 ゼアリズエンタープライズ=海獣シアター
上映時間 49
公開日 2006年3月4日(土)公開
カテゴリ サスペンス/ミステリー
チケット 前売りチケットを購入する