「燃える雲」(1967)

0点--
福本和也の原作『航空検察官』を映像化した日活アクション映画。かつて優秀なジェット・パイロットだった朝日名隆は、航空検察官の一員として勤務することになった。そこで彼は、香港に働きに行っていた踊り子が帰国直後に殺された事件を担当することになる。航空網犯罪の摘発に命を懸ける男の姿を描く。

あらすじ

朝日名隆は優秀な腕を持つジェット機のパイロットだったが、飛行中に負傷した福田機長を助けようと、管制塔の指示を無視して強行着陸したため、ライセンスを剥奪されてしまった。隆の腕を惜しんだ航空検察官宗方は、福田の協力で隆のライセンスを取り戻して貰い、隆を航空検察官の一人にした。航空検察官とは航空網を利用する犯罪組織を摘発するのが任務である。隆は間もなくひとつの事件にぶつかった。香港に働きに行っていた踊り子が帰国直後に殺されたのである。その頃、香港に働きに行っている踊り子が次々に行方不明になっていることが明らかになって、宗方らはひそかに捜査していたのだが、空港で殺されたのは、行方不明になっていた踊り子の一人だったのである。早速、香港のインターポール支局に飛んだ検察官貝塚の調査で、踊り子を香港に紹介しているエンゼル・プロが彼女らを南ベトナムに売春婦として売りとばしていることが分った。宗方は警察と協力して早速活動を開始したが、何の証拠をつかむことも出来なかった。一方、新入りの隆は何も仕事をもらえず、女検察官の冴子を透ってナイトクラブ「フェニックス」へ行った。隆はそこの踊り子マチ子の姉が、香港に行ったまま行方不明なのを知ってエンゼル・プロのことを聞き出した。それが、エンゼル側の警戒心を煽る結果になった。その頃、エンゼル側の人間が何者かに次々と消されていくようになった。エンゼル・プロの上に大きな組織があるらしかった。隆は自分に近づいてくる「フェニックス」のマダム京子から、乱数表を手に入れた。「フェニックス」の社長林が組織のボスだったのである。また隆は、組織から送り込まれた殺し屋張を捕え、組織の全貌を自供させた。林は操縦士黒田を伴って、小型飛行機で国外逃亡を計ったが、追跡する隆の飛行機に、思うようにならず、逮捕されるのは、時間の問題だった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1967年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 93
チケット 前売りチケットを購入する