「風が強く吹いている」(2009)

画像

【DVD発売中】

76点76
学生ランナーの憧れの舞台、箱根駅伝を描いた直木賞作家・三浦しをんの同名小説を基にした青春ドラマ。駅伝部キャプテンと新入生天才エースを中心に、個性豊かな素人集団10人が箱根出場を目指してタスキを繋ぐ。小出恵介、林遣都ら若手キャストが本格トレーニングを重ね、実際の大会の映像も織り交ぜながら映し出す迫力の駅伝シーンは見もの。

あらすじ

寛政大学4年のハイジ(小出恵介)は自分が寮長を務める竹青荘に、高校時代に天才ランナーと言われた新入生カケル(林遣都)を強引に入居させる。竹青荘は賄い付きで3万円という破格の家賃だが、陸上競技部に入部し、毎朝5キロ走るという入居条件があった。25歳のニコチャン(川村陽介)、すでに司法試験に合格した知性派ユキ(森廉)、マンガオタクの王子(中村優一)、クイズマニアのキング(内野謙太)、アフリカからの国費留学生ムサ(ダンテ・カーヴァー)、心優しい性格の神童(橋本淳)、気楽な双子のジョータ(斉藤慶太)とジョージ(斉藤祥太)ら8人の寮生は、ハイジの作るおいしい料理目当てにその条件をこなしていた。ある日ハイジは、10人で箱根駅伝を目指すことを宣言する。素人には無理だとカケルは反対するが、陸上部監督で竹青荘大家の田崎(津川雅彦)の励ましを受け、部員たちの特訓が始まる。その結果、予選会出場条件のタイムをクリアできないのは王子だけだった。記録会でカケルは、ハイジと同級生だった名門六道大学のエース藤岡(渡辺大)から、ハイジが膝を故障していることを聞く。そして彼の完璧な話を見て焦りを感じ、マンガに夢中な王子や酒盛りをしていた仲間たちに不満を爆発させる。一方ハイジは、陸上部のすべてを背負う過労から倒れてしまう。人が変わったように練習に打ち込んだ王子は、ついにタイムをクリアする。夏、ハイジたちは予選会に向けて合宿を行う。近くで合宿をしていた東京体育大学には、カケルと同じ高校に通っていた榊(五十嵐隼士)がいた。榊はハイジに、カケルが監督を殴り最後の1年を棒に振ったことを話すが、ハイジは知っていたと答える。寛政大学は予選会を最下位の9位で通過し、本戦出場を決める。そして翌年1月2日、箱根駅伝本番を迎える。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2009年
製作国 日本
配給 松竹
ヘッド館 丸の内ピカデリー
上映時間 133
公開日 2009年10月31日(土)公開
カテゴリ 青春ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する