「キラー・ヴァージンロード」(2009)

画像

【DVD発売中】

53点53
結婚式を翌日に控えた幸せになりたい女と男にフラれてばかりの自殺志願者の女がひょんなことから出会い、死体を運びながらの逃避行を繰り広げるハメになる姿を描くコメディ。俳優・演出家の岸谷五朗が、上野樹里、木村佳乃をダブル主演に迎え、初のメガホンを執る。警察や暴走族とのカーチェイスなど彼女たちに降りかかる災難の数々に爆笑必至!

あらすじ

OLの沼尻ひろ子(上野樹里)は、幼いころから何もやってもうまくいかなかったが、ついに誰もが羨むような、金持ちのイケメンとの結婚にこぎつける。しかし結婚式の前日、アパートの大家を誤って殺してしまう。ひろ子には両親がなく、彼女を育ててくれた祖父は余命わずかだった。その祖父にウェディングドレス姿を見せるために、どうしても結婚したかったひろ子は、結婚式が終わるまで死体を隠すことを思いつく。そこで死体をスーツケースに詰め込み、車で富士の樹海を目指す。しかしひろ子の運転する車に、1人の女が飛び込んでくる。その女・小林福子(木村佳乃)は美人なのに男運がなく、数々の男に尽くしては捨てられ、その度に自殺しようと試みるもなかなか死ねないでいる女だった。福子はひろ子に、ひろ子が福子を殺すという条件で死体の処理を手伝うという提案をする。こうして2人は、死体を隠すために逃避行を始める。2人の行く手には、なぜか暴走族やマフィアや警官が立ちはだかり、ひろ子と福子は数々のピンチをくぐり抜けていく。こうして旅を続けるうちに、結婚したい女と死にたい女というまったく正反対の境遇にある2人の間に、次第に奇妙な友情が芽生えていく。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2009年
製作国 日本
配給 東宝
ヘッド館 TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
上映時間 97
公開日 2009年9月12日(土)公開
チケット 前売りチケットを購入する