「月形半平太 花の巻 嵐の巻」(1956)

65点65
大正8年に新国劇で上演されて大ヒットした、行友季風の戯曲を翻案した衣笠貞之助監督作品。衣笠にとって大正15年度作品に次ぐ2度目の映画化で、同原作は、他の監督の作品も含め10回以上映画化されている。勤皇派でありながら開国を唱える長州浪士、月形半平太をトップスター・長谷川一夫が演じ、若尾文子、山本富士子らの美女が花を添える。

あらすじ

文久三年、祇園祭も間近い夏、維新前夜の京都は尊皇、佐幕両派の対立で殺気をはらむ。長州浪士月形半平太は、勤皇派ながら独り開国論を唱えていた。だが先覚者たる彼は同志からも異端視され、裏切者として絶えず命を狙われていた。そうした折、半平太を頼って京に来た青年武士、早瀬辰馬は、岡崎幸蔵、岡田新平ら同郷の長州浪士から月形は同志離反と聞き驚く。彼は半平太の宿で刺客に襲われ、蘭医玄斎の許で手当を受ける。月形は岡田が自分と間違え早瀬を刺したものとにらむ。玄斎の娘ゆかりは早瀬を慕うようになるが、この頃、見廻組組頭の奥平文之進は同志の仇と早瀬に暗殺され、その折、彼が月形の着物を着ていたことから文之進を恋する芸妓染八は月形を仇と思い込んでしまう。月形に早計を戒められた早瀬は奮然、岡崎の許に去る。月形が情けをかける祇園の芸妓梅松は一筋に彼を慕うひたむきな女性。ある晩、三条河原で薩摩浪士の闇討を受けた月形は知らずに染八の家へ辿りつく。染八は恋人の仇と短刀で刺すが失敗、だが彼の弁解を聞こうともしない。やがて国許で彼の不評を耳にした妹萩乃が心配の余り京に上ってくるが、兄の決意を知り、梅松の心遣いに感謝しつつ帰る。月形は尊攘派の公卿姉小路公知や桂小五郎に、将軍家茂公を説き伏せ大政奉還を図るよう力説。だが姉小路は岡崎らに暗殺され、早瀬から文之進殺害の事情を聞いた月形は暗然。桂ら開国派浪士は祇園祭の宵宮、扇屋安左衛門の二階で秘密会合。自らの誤解を知った染八から浪人狩があるとの知らせに、月形は引留める梅松の手を振り切って扇屋へ。だが彼は竹藪の道で岡崎ら旧同志に襲われ、彼の真意を知った早瀬の助勢も及ばず短筒の狙撃に倒れ急を知って駈けつけた桂や梅松に見守られつつ、静かに息を引取っていった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1956年
製作国 日本
上映時間 109
カテゴリ 仁侠/時代劇
チケット 前売りチケットを購入する