「白い炎」(1958)

0点--

あらすじ

那津子はチベット探険の夢を持つ木津と恋仲だったが、木津が酔って那津子の友人愛子と接吻したのを許さず、仲違いしてしまう。那津子は彼ら二人が結婚すると聞いて、自分のかたくなさを後悔し、木津をやはり愛していることを知る。山で知り合った新聞記者的場が彼女に近づき、二人は親しくなったが、那津子は何事も心からは楽しめなかった。的場は記者をやめ、大阪で商売を始めて一年後には、実業家の頭角を現してきた。彼は正式に那津子の両親に申入れてきた。しかし那津子は彼との結婚は気がすすまぬ。木津とのことがまだ心に残っていた。昔の学校友達が愛子の家に遊びにき、那津子も呼ばれて行ったとき、愛子の家庭の乱れた有様を見せられた。木津から愛されぬ愛子は大学生を連れて遊び呆けているのだ。那津子は木津と愛子の和解の労をとるという口実で、久し振りに木津に会えた。雨の中で、二人は初めて接吻し、那津子は仕事で京都へ行く木津に同行することを約束した。彼女が旅行仕度で的場のアパートに寄ったとき、彼の父が偶然来ていて、結婚について種々話す。良い人だった。那津子は的場にはっきり結婚を断り、駅のホームへ向ったが、途中で動かなくなった。愛子を裏切ることは出来ない。放心したようになった那津子は的場のアパートへ帰り、的場との結婚を承諾したと告げた。大阪での的場の事業は益々発展して、那津子は幸福そうに見えた。社長となって東京へ乗りこむ的場の激励会の夜、那津子は木津が愛子の父の会社を受けついだものの株に失敗し、その債務整理に必死だということを知った。愛子からすでに離婚するつもりだと言ってきていた。その夜、那津子は夫に隠して木津が寝泊りする会社をたずねた。何か不安な気がしたので。木津は自殺しようとしていたところだった。翌日を約して帰っ那津子は、夫に木津の援助を頼む。それで喧嘩して、彼女は木津の旅行に同行しようとするが、今度は木津が現れぬ。那津子は的場の父のいる静岡へ行き、父の尽力で的場と和解出来た。東京へ帰ると、木津から的場の援助申出を感謝する手紙がきていた。彼女は的場がそれを黙ってしたことに感動した。木津はそれを断ったという。的場が木津は昨夜自殺したといったとき、那津子は彼に抱きついて泣いたが、それは、木津への悲しみからだけではなかった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1958年
製作国 日本
上映時間 102
チケット 前売りチケットを購入する