「三年身籠る」(2005)

画像

【DVD発売中】

55点55
『血と骨』などに出演し、脚本家としても活躍している女優、唯野未歩子の初監督作となるコメディ。3年も妊婦生活を続けている人妻と周囲の人々の騒動をとらえながら、大人になれない大人たちの精神的な成長を描き出す。世にも奇妙な体験をする主人公に扮したオセロ・中島知子の好演にも注目。

あらすじ

29歳、女ばかりの家系に育った冬子(中島知子)は妊娠9ヵ月。母親になるという実感が湧かないまま、東京郊外の一軒家でのんびりと暮らしている。一方、夫の徹(西島秀俊)も冬子以上に親の自覚がなく、毎晩のように愛人と遊び歩いていた。やがて、十月十日。しかし、冬子のお腹の子は生まれる気配を見せなかった。妊娠18ヵ月目! 冬子のお腹は、尋常でないほど膨れ上がっていた。だが、祖母の秋や母の桃子は「育児をしなくて楽ねぇ」と、いたって楽天的。心配した妹の緑子が、親子ほども年の離れた恋人・海の勤務する大学病院に彼女を入院させるも、かえって世間の目に曝されることとなり、いたたまれなくなった徹は妻を病院から連れ帰るのだった。妊娠27ヵ月!!人里離れた山荘に引っ越した冬子と徹は、大自然の中で静かな生活を送っていた。お腹の中では、生まれていれば1歳半の子供が元気いっぱい暴れているが、まだふたりを親として認められないのか、出て来そうにない。ある日、東京から緑子と海がふたりの様子を見にやって来た。母体の危険性を訴える海に対し、あくまでも自然分娩を望む冬子。そんな中、海とうまくいっていない緑子と徹の浮気が発覚する。正直に罪を認める徹に、冬子の表情はもはや菩薩のようだ。とその時、遂に冬子が産気づいた!!! 生まれて来たのは、玉のような男の子だった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2005年
製作国 日本
配給 ゼアリズエンタープライズ=「三年身籠る」製作委員会
上映時間 99
公開日 2006年1月28日(土)公開
カテゴリ コメディ
チケット 前売りチケットを購入する