「AA」(2005)

画像

0点--
映画のみならず、批評と音楽にも造詣の深い青山真治監督が夭折の音楽批評家、間章をテーマに選んだ渾身のドキュメンタリー。ときにミュージシャンと協働しながら、音楽と共に70年代を駆け抜けた間章の肖像を描いた総尺7時間半の大長編だ。

あらすじ

音楽界に大きな影響を与え、32歳でこの世を去った音楽批評家・間章(Aida Aquirax)は、フリー・ジャズ、プログレッシヴ・ロックなどを発見・日本に紹介し、ミュージシャンと協働して新しい音楽に挑戦していった。そんな間章の批評とは、運動とは何だったのか。間章が駆け抜けた70年代とは何だったのか。映画監督・青山真治が、撮影開始から約5年の歳月をかけて完成させた全6章からなる長編ドキュメンタリー。青山真治は中学生のころに決定的な影響を受けた間章の、文学的かつ哲学的な音楽批評の軌跡と彼が生きた時代とを、大友良英、清水俊彦、ベガーズ・バンケットの本間亮と亀田幸典らゆかりのあるミュージシャン、批評家の証言によって綴る。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2005年
製作国 日本
配給 ユーロスペース
公開日 2007年6月30日(土)公開
カテゴリ ドキュメント
チケット 前売りチケットを購入する