「富江re−birth」(2001)

【DVD発売中】

52点52
伊藤潤二原作による人気ホラーシリーズの第3弾。殺されても蘇る、恐るべき美女、富江が新たな恐怖を巻き起こす。清純な役柄が多かった酒井美紀が富江を妖艶に演じ切り、新境地を見せる。

あらすじ

美大生の英雄が絵のモデルを殺害した。だが、彼女は男たちを惑わせ破滅へと導く美しき怪物・富江だった。英雄の犯行を隠蔽する為、富江の遺体を森の中に埋める親友の巧と俊一。ところがその翌日、英雄を元気づけるつもりでセッティングした合コンに死んだ筈の富江が現れ、発狂した英雄は自殺してしまう。次に、富江は俊一の前に出現した。俊一を虜にし家に上がり込み、傍若無人に振る舞う富江。そんな彼女に耐えきれなくなった俊一の母親・朋子は富江を殺害するも、その後、彼女は奇妙な病気に罹って命を落とす。一方、友人の度重なる不幸に怯え始める巧は、しかし彼を心配する恋人・ひとみに真相を話すことが出来ないでいた。だがある日、英雄の部屋で拾った富江の口紅をひとみがつけたことから、彼女に富江が憑依してしまう。日に日に言動のおかしくなるひとみ。彼女を助けたい一心の巧は、富江と決着を付けるべく、英雄の母親から譲り受けた富江の肖像画をしまった実家の納屋へ車を走らせる。そして、彼はその肖像画から再生した富江を焼き殺すのだった。しかし、ひとみは富江に憑依されたまま。そんなひとみとの死を決意した巧は、彼女を連れて裏山の滝へ赴く。とその時、ひとみが元のひとみに戻った。だが、それは富江の策略だった。ひとみに憑依した富江は、一瞬ひるんだ巧もろとも滝壺に身を投げた。それから数日後、死んだ巧の供養に訪れた妹の理恵は、渦巻く水流の中に女の手が現れたのを目撃する! 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2001年
製作国 日本
配給 大映=東映ビデオ
上映時間 101
公開日 2001年3月24日(土)公開
カテゴリ ホラー
チケット 前売りチケットを購入する