「無鉄砲大将」(1961)

0点--
鈴木清順=和田浩治コンビ作。ローラースケートの指導員で女にモテモテの英治が、姉のように慕う雪代のバーに巣食う悪い大人たちに正義の鉄拳をふるう。ラスト、プラットホームに立ちつくす主人公の虚無的な表情が、不評とともに一部の共感を得た。和田浩治が豪快な空手で愚連隊を相手に大暴れする。

あらすじ

緑丘高校空手部員の海津英次は街の愚連隊に対抗するため、友人の春男や雄作らと“白柄組”を作った。新界興業は快よく思わず、子分のトメやゲンを使って嫌がらせをした。英次は彼らの溜り場で喫茶店“ボンヌ”の雪代を慕っていた。雪代には新界興業の兄貴株五郎という恋人がいた。五郎はヤクザが嫌いで足を洗いたがったが、孤児の彼を育てあげたボスの新界は反対だった。英次の母秋江は新界の世話でバーを開いた。新界は秋江の後釜に雪代を狙った。雪代の父津山は元有名な外科医で、今はアル中になっていた。雪代は街中で同級生の京子に会った。彼女は堀本産業社長の一人娘で英次が好きだった。新界は秋江と別れ、邪魔者五郎を消せと殺し屋坂崎に命じた。京子は自分の車を売って、バー再建のための資金にと英次に渡した。英次は雪代に恋人がいるのを知り悩んだが、五郎の人間を知って彼に好感を持つようになった。坂崎は五郎と間違え刑事を殺し、自分も負傷した。新界は津山を軟禁し、坂崎の治療をさせた。五郎も新界らに捕まり、雪代も誘拐された。英次は立ち上った。空手部員をひきつれて、新界の事務所を襲った。卑怯な新界は雪代をタテに逃れようとしたが、かけつけた警官隊に逮捕された。−−五郎と雪代は再開した秋江のバーで働くことになった。英次と京子は笑顔で彼らをみまもった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1961年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 82
チケット 前売りチケットを購入する